突然の訃報でした。
西条秀樹氏死んじゃいました!
彼が特別好きだった訳じゃないのですが、一番堪えたのは同い年って事!
郷ひろみ氏も同い年だし、野口五郎氏は同学年。
数年前こちらも同い年だった千代の富士が逝っちゃった時も絶句でしたが、50歳台では「病気じゃしょうがない」って諦められたけど、60歳を過ぎての今回の件では「いくら病気だったからって早すぎない!」ってあまりに現実味があり過ぎて何だか穏やかではありません!
同い年って友達でも何でもないけど、勝手に親密感を持っているもので彼が死んでニュースとかで若かった頃の映像が出ると、その時自分も当然に同じ時代を生きていて「あの時はあんな事してたよな~」なんて想い返したりして・・・。
本当に他人事ではなくなってきちゃって!
経済的にはバブルのずっと前でオイルショックなどあり決して景気は良くはなかったんですが、今の時代と比べるとまだまだ希望がいっぱいあった様に思います!
その頃の歌謡界も華やかだったな~!
テレビは家族みんなで観ていたもんです。
そんな昭和が本当に懐かしい!
 昭和といえば”星由里子さん”も残念でした!
加山雄三さんの「若大将シリーズ」は結構観ましたね~。
74歳はず~とお姉さんではありますが、死ぬには こちらもあまりにも早過ぎます!
ちょっと冷たい感じのある美人で、貴重な存在でしたよね。
加山雄三さんはこの間”光進丸”を失くして意気消沈してたであろう時、今回 青春時代の”澄ちゃん”も亡くしてどんな気持ちになっていたのだろう?
とにかく”仲間”が少しづつ欠けていくってジワジワ来るんだよな~!
人間生まれたからには何時かは死ぬんだから、その時までは精一杯楽しく有意義に人生送れたら長生きだけがいいとは限りませんよね!