自然現象じゃ~相手になりません!
どうして日本人の大多数が楽しみにしている”夏休み”に台風が来る訳⁈
お蔭様で”海の家”含め海のレジャー全部ダメじゃん!
夏休みの最終日になってしまいましたが、行ってきました今期初「カツオ・キハダマグロ」
釣り、であります。
 城ヶ島を過ぎてちょっと行った辺で「ハイ、どうぞ~!」
「随分早いじゃん!」ナブラはいつ何時表われるか 神のみぞ知る!
でもこの”ナブラ”鰯を追っかけてのものだったらしく、コマセには目もくれません!
船は西へ西へ進んでいきます。
一時間も走りましたか?
何と到着したのは小田原沖!
”カツオ・キハダマグロ”ってその日その日どこに現れるか、なかなか判断が難しいのでありますが、ナブラに当たって食わしたのはイイとして、その後相手がカツオなんで、何て~か”突っ走る”しか知らない相手”磯のカツオちゃん”ですから、そこら中の釣師のシカケをそりゃ~”グチャグチャ”にして、涼しい顔して去って行くのであります!
「カツオ・マグロ」類・・・あの尾びれの形状は「理にかなってる」訳で、一体どんだけ突っ走しったら 気が済むんでありましょうか。
 結果”アタリ”は数あれど、バラシは半端なかったでした。
果して今年の”カツオ”は美味いのでしょうか?
明日食べようと思ってる”カツオ”旨いに決まってると思うのですが、当家は昔からどんなに新鮮な、今水揚げされたばかりの「魚」でも食いません!
と云うのは、当日の彼らの”身”は新鮮しすぎて一つも「美味しく」ないからであります!(贅沢云ってんじゃ~ね~よ!)
もっと釣らなくてはいけません!いくら釣り人が多いからって理由にはなりません!
さぁこれからです!バンバン釣りましょう!