いったい梅雨はどこに行ってしまったのでしょうか?(行ってしまったと云うか、そもそも梅雨はあったのでしょうか?)
そんなだから、深刻まではいってないみたいですが、こちら関東は取水制限が発令中です!
かと思えば福岡や大分の集中豪雨!本当にお悔やみ申し上げます。
なかなか世の中ままなりませんね!
そんな猛暑の三連休 家に居ても歓迎されないオヤジは体力勝負とばかり「夏タチ」に久里浜に行って参りました。
2017年7月15日久里浜港「夏タチ」・・・分かりますかね?
夏の時季に釣るタチウオの事であります。
この時季のタチウオは型はあまり良くはないのですが、数が結構釣れるので人気があります。
何年か前のこの時期80数本釣ったことがあり、今のタチウオかなりの期待度であります。
さぁ~いよいよ船に乗り込み準備を始め、お隣の方と挨拶を交わし色々話を伺ったところ「ここんところあまり調子良くないですよ~」と常連さんの情報であります。
僕も釣りを長年やってると話の内容でその人の力量はある程分かるものでして「今日はキビシイ戦いになるかな~?」と思いましたが、自然相手の釣りですから「行ってみないと分からない」とは
結構能天気であります。
2017年7月15日第二海保 その釣り場ですが「第二海保」の近くであります。
この辺は水深が40メートル弱で「夏タチ」の醍醐味である「浅瀬を釣る」まさにその通りの釣場なんですが、皆さんはこの「第二海保」ってご存知でしょうか?
戦争中はここに砲台があったそうですが、当然そんな事は後で知った訳でありまして、僕は戦後も戦後ず~と後の生まれですからね!
同年代を見たって郷ひろみ、さんま、松山千春、江川、掛布ら結構若いでしょ!(若かね~よひとつも!)
「第二海保」いつこんなに整備されたんでしょうか?
昔は岸壁も崩れ果て荒れ放題でしたが、今回ま近で見たら回り全部防波堤が出来ているじゃ~ありませんか!
何で今更こんな工事したんだろう?ハテはて?な
釣りの話に戻りますが、ここの釣場はあまり調子良くなく、更に東の「富津沖」に移動であります。この釣り場が凄まじい!
何が凄まじいかって、水深が15メーターしかありません!
そんな場所ですからシャクリを急いだらすぐ水面まで仕掛けが来てしまいます。
これでタチがバンバン釣れてくれりゃ~御の字なんですが、そうそう世の中甘かない!2017年7月15日タチウオ捌く
型は小さいしおまけに食いが悪い!もう最悪であります。
画像で大体の大きさが分かるとは思いますが、本当に酷い話になってしまいました。
「タチウオ」別名「幽霊魚」とも言われておりまして、また何時盛り返して来るかは分かりませんが、良くなってくれる事を切に思う次第であります!