8月からここ相模湾はコマセ釣りが解禁になります。
え?何の釣り
一ヶ月前位でしたっけ?ウチのカミさんが「ニュースで相模湾でマグロが釣れてるって話題になってるよ」って言っておりましたが、そうなんです!
相模湾でキハダマグロが釣れ出したのは今から6~7年前からでしょうか?
それまで相模湾では「カツオ・メジマグロ釣り」はあったのですが、マグロなんて聞いた事はありませんでした。2017年10月1日剣崎沖ワラサ
つまりは今から思えば「温暖化」なんて言葉すらない時代でしたから、「こんな近場でマグロが釣れる」って信じられる訳がありません。
カツオを釣ってると、たま~にカツオとは全然違う 異次元の引きをする
何者かがハリスをブツブツ切っていくサカナが居るみたいとは分かっていましたが、その正体はマグロとはね~。
あれから毎年毎年、この季節になると色々な船宿を回って、釣り方を吸収すべく通いましたが、この釣りも進化が激しくオジさんにはちーとキツくなりつつありますね。
本日は三浦半島は松輪港に行って参りました。
今日行ったのは松輪の中ではかなりユニークな船宿でありまして、最初の1~2時間は「ワラサ」をやってその後「マグロ」をやるっていう、いいとこ取りで欲張りな釣りなのであります。
でもこの釣り結構理にかなっているのでありまして、ワラサは朝一1番食いが立っており朝の1~2時間でどれだけ数を稼げるかなのであります。
一方マグロは朝一カツオを釣ってから後半じっくりマグロを狙うって事が多いので、結局の話 いいとこ取りは2017年10月1日6kgカツオ正解なのであります。
「マグロ狙っていきます」の船長からのアナウンス。
当然仕掛けを「マグロ仕掛け」にしております!
投入後 程なく「コツコツ!」とこれは間違いなく”カツオ”からのシグナル。「ウ~ン、久しぶりのカツオ!」
釣れ上がってきたのは1.5kgくらいのカツオ!
ところが隣の釣人は同じタイミングで6kgぐらいの”カツオ”!「何で~」 こちらからカツオの型までは選べませんから!
しかしマグロの仕掛けでバンバン カツオがヒットしてきます!
次に来たカツオはさっきお隣が釣ったのと同じ型の6kgクラスで、何だかんだで4本釣る事が出来ました!(このカツオは絶対太ってて旨い事間違いなし!)(食べなくとも分かりますよね)
もい一本マグロ釣りたい!