本当にムズい!
そんな事ずーと前から分かっているでしょ!
分かっていてもついつい手を出してしまうのが「マルイカ釣り」なんです!
そうなんです!マルイカはマ〇クと同じくらい一度ハマルと抜け出すのは容易ではないんです。
と云っても当然 僕はマ〇クなんてやった事も見た事もないので、いわゆる情報としての見解だけなんですけどね。
しかし芸能人には特に多いみたいですね これやってる人(もちろん想像ですよ想像)。
警察も取り締まる時、普通の人を挙げるよりみんなにアピールできる芸能人を挙げるのが一番手っ取り早いもんね!2017年6月7日イサキ船団
それは当然でしょうね。
話はちょっと変な方向に行ってしまいましたが「マルイカ釣り」ボチボチ潮時でしょうか?
とにかく釣れません!釣り方が分かりません。
これでも「マルイカ釣り」キャリアは長いんです!
でも進歩がありません。
って云うか後退してます 実際!
今まで色々な釣りをやってきましたけど、ここまで大きく変化した釣り物にはお目にかかった事がありません!
この釣りこそは始まった頃よりいち早くやり始めた訳で、「言わば先駆者」的に頑張ってきたつもりだったのですが、ここ数年の「釣り方」「道具」の進歩にはついていけない って~云うか、 今一納得が出来ません。
それは「ブランコ」って云ってハリスが長く イカに違和感なく抱かせる事が出来る 従来のスタンダードがあるのですが、これは確かに有効なんですが・・・
この仕掛けで何十杯ものマルイカを釣り上げるのは至難の業!
でも何の釣りでも名人はいるもので、この仕掛けを使っていっぱい釣ってたよな~。
しかし一番の利点はこの仕掛けだと釣りが初めての人でもポツポツだけど釣れるってことなんです。
だから「こりゃ面白い」ってんでこの釣りの裾野が広がり盛り上がりをみせたんですが、近年 直結だ0テンだ3cmスッテ(皆さんは何のこっちゃですよね)だって、かなりの技術がないと釣れない「釣り方」が流行ってしまって、釣り宿としても客離れに困っている所も見受けられます。
では何故流行っているかって云うとさっきも言ったように技術さえ身に付けば爆発的に釣れるんです!
普通の人が10杯釣ったとき、その釣り方だと40~50杯は釣ってしまう!
やっぱ多く釣れるのは魅力ですからね~
だからみんなもやる・・・でも釣れない!何回もやる・・・やっぱ釣れない!
それで諦める。
相撲だって卓球だって、横綱やチャンピオンになれるのはほんの一握り!
同じ船に横綱が一緒じゃ差が出て当然なんだけど、ランク付けで船をわける訳にもいかず・・・
長々と愚痴ってしまいました・・・反省。