2017年12月23日日の出 オヤジ釣師はカミさんのひんしゅくを買いながらも、12月もだいぶ押し迫った「天皇誕生日」に釣りに行ったのでありました。
”ヤリイカ”久しぶりの凪の中の出船です。
今期の”烏賊”あまり芳しくありません。
夏のスルメも釣れなくてね~。
そしてここの所のヤリイカも大したことありません。
まぁ2月頃にならないと本格的にはならないにしても、むかしはもう少し釣れた感じでしたけどね。
行ってきたのは烏賊でのホームグランド”三崎の佐円丸さん”
ここの船長 通称マー君ですが、イカ釣りは上手いです!
どこの釣船の船長もそうですが、何の釣り物も上手いって人はそうそういません。
2017年12月23日富士山 そんな自分自身もイカ釣りが好きで だからでしょうか操船も上手な船長に、今日はお客さんが少なかったのでみっちりシゴかれてしまいました!
僕はウデも無いのに”直結”が好きでありまして、ヤリもスルメも
マルイカも大体この直結で通します。
イカ釣りを知らない方も多いと思いますが「イカズノ」って云って
プラスチックの棒に「カンナ」って云う何本もの針が先っぽに付いてる、いわば一種の”ルアー”で引っ掛けて釣り上げる訳ですが、これが結構難しい!
イカの釣り仕掛けは他に「ブランコ」と言って8cmくらいの枝糸がある仕掛けがあり、こちらの方が慣れない方は無難であります。
何故かって云うと、海は凪の日でも多少の波があり船は上下します。
”直結”は針が上に向かって曲げてあるだけで返しも無い為に、1cm足りとも緩めたら折角乗せたイカもおさらばとなってしまいます!
”直結”は乗せるのも難しいのですが、取り込みが一番難しいのであります!
2017年12月23日ヤリイカ 自分的にだいぶ上手くなった様に思っておりましたが、船長から見たらまだまだのようで「その手逆でしょ!」「そこは左手を延ばさないと!」とかまぁ細かく指導されてしまいました。
その甲斐があったからでしょうか?ここの所の貧果はどこに?
何と27杯と竿頭でありました。
本当にイカがピークの時は落とせば乗る状態で100杯以上釣れる事もありますが、シブい時に直結でこのくらい釣れりゃ自分で云うのも何ですが「上手い方」かも?です。
2017年12月23日ヤリイカ竿頭 雨もなく陽も当り凪で釣りやすく申し分なかったのですが、欲を云えばスルメがもう少し欲しかった!1杯しか混じりませんでした。
ヤリを狙って行ってるんだからそりゃ~それでいいんですが、人間欲深く
ていけません!スルメの肝が欲しい!
ヤリイカの塩辛が食べたい!
スルメの”沖干し”が食べたい!
食べたいばかりですみませんが、イカは美味いもんね~

今年はこの釣りでおしまい!
色々な釣り物で楽しませていただきましたが、これも健康あってのこと!
皆様も体が資本です!お気を付けくださいませ。