ようやくですが・・・
カミさんと自転車に乗って行って参りました「ザ・ローリングストーンズ展」!
ウチからは10分ほどで行けるのですが、近いからその内行くか?
って思っていたのですが「もうすぐ終わりじゃん!」気が付いたらもう6月でした!
延長して6月5日までですよ!まだ見てない方はお早めに。
実際僕らは”ローリングストーンズ”はあまり良く知りません。
むかしは「ビートルズ派?ストーンズ派?」ぐらいに云われてたけど、僕はどっちかと云えば
ストーンズ派でしたね。
音楽的にはビートルズの方が万人受けしてた様ですが、ストーンズの方がより”ロック”でした!
ちょっと反れますが「小さな恋のメロディ」って映画知ってますか?
今の若い人達は当然知らないと思いますが、この映画が良かった!
当時僕はまだ中学生?高校生?くらいだったと思いますが、今でも当時の記憶が蘇って来ます!
もう一人の主人公の”メロディ”が墓地でポスターを広げてキスをしてるんです!
そう、そのポスターは20歳代のミックジャガーでありました!
当時はローリングストーンズの音楽よりもこの映画が良かったな~!(ローリングストーンズなんてほとんど知らなかったからね)
それよりもこの映画が良かったのは挿入歌でありました。
”ビージーズ”知ってますよね?
いい歌がいっぱい入ってるんですよ!
”クロスビースティルナッシュ&ヤング”の曲もあったよね?
この”ビージーズ”後にディスコブームがあって一躍”時の人”だったよね。
あの頃は良かった!
何か今には無い「自由」があった!
今回見たこの「ストーンズ展」で当時彼らの暮らしぶりが分かる展示があったのですが、それこそ僕なんかの若い頃の暮らしっぷりそのままでした!
 西洋と和式の違いはあれど、若い時の男の一人暮らしなんてこんなもんです!
「こんな人達でもこんなもんだったんだな~」って変に関心しきりでありました!(実際僕らはこんなにも食器があるし、食べ残しなんてある訳ないのであって、やっぱ彼らは裕福だったと云うか、ある意味やっぱ甘やかされていたのかな~?)と思った次第であります。
中でやっていた当時の映像なんか見ても
彼らやっぱハチャメチャだったよね!
酒、タバコ、女、麻薬 好き放題だった様ですね!
だからこそ、今でも現役でライブやるほど老人なのにパワフルで魅力的な彼らの”生き様”は、見習っちゃったらいけないものを把握しつつ、いい所だけは吸収しましょうね!
とにかく今更ながらスーパースター” ザ・ローリングストーンズ”様でありました!
もうすぐ終わりですよ!ビンテージ物 見るだけでも価値ありますよ!