9月16日のお話。
キハダマグロ・・・去年は結局1本も上がらず!
と云っても僕だけが釣れなかった訳ではなく、全般的に始まった初期にルアーでちょっと釣れただけで、”コマセ釣り”ではほとんど釣れませんでした。
結局11kgのキメジ2本だけで終わってしまいましたが(カツオは多数!)この”キメジ”すこぶる美味かった!
小っちゃくても秋口になるとそれなりに脂乗るんだね?

今年も8月からキハダマグロ・カツオ釣り始まっております。
9月16日 常宿の三崎は佐円丸さんに向かって家を3時過ぎに出ております。
「第三京浜」の横浜の料金所近くに差し掛かった頃「今日は風も10mから吹いてるし、キャンセルもあったから出船中止します!」
って携帯に掛かって来て、「え~そんな!」
家すでに出ちゃってるし、風だって相模湾の東側は吹いてても、今釣れてる場所はかなり相模湾の西側なんで、行先を途中で”小田原”に変更し、何年か前にはちょくちょく行ってた”早川港は平安丸”さんに急きょ電話して「今日出る?」「ハイ、出ますよ」で行った次第です。
朝は右上画像の様に海上はベタ凪!
釣場と云えば小田原城もハッキリ見えるくらいの超近場、早川港を出て5分程度で「ハイ、どうぞ~」
「えっ?こんな近くでマグロいるの~?」半信半疑。
10分も経ったでしょうか?僕は面舵側のミヨシにいたんですが、何やら取舵側の大艫で「瞬殺」が2度もあったそうな。
(瞬殺とは、魚が食って逃げようとして走り出した時、ハリを飲まれてしまってハリスが歯に当たって切れてしまう事であります。どんなに太いハリスでもヤツの鋭い歯に当たってはすぐ切れちゃう!)
「サカナは確実に居ますね!」
7時50分頃だったと思いましたが、手持ちの竿先に”グンッグンッ”と魚信!
すかさず”アワセ”を3回も入れちゃいました!
(これで口の奥まで飲み込まれたハリを口元まで引きずり出してカンヌキに引っ掛けるのであります)
久しぶりですね~この引き!でも「え~止まっちゃったよ」「キハダじゃないのかな~?」
半信半疑・・・でも手元に来る引き味は確かに”キハダ”そのものであります!
その後やはり”セカンドラン”がありまして、ライン出して行きましたけど、一番出たとこで
118mでありました。(今年の傾向・・・あまり突っ走りません!)
”ジリッジリッ”ヤツもようやく上がって来るようになりました!
後10m・・・5m・・・やっと船長の最後の”手繰り寄せ”です。
 でも最後にやっぱり暴れましたね~。
結構早めに巻いちゃったので、ランディングの時にマグロも体力がまだ残っていて、タモ入れが結構大変になるんです!
しかし他乗船の皆さんの手助けもあり、ご覧の通り無事獲り込めた
次第です!(脳天をシメたところです)
時はまだ午前8時前!
始まったばかりで釣ったんじゃ、後何やってたらいい訳?
贅沢な悩みではありますが、仮にもう一本釣れちゃったら絶対カミさんに家に入れてもらえない事くらい想像出来ます!
1本は「良かったね~釣れて おめでとう!」社交辞令ぐらいは云ってくれます。
二本なんか釣れたひにゃ「どうすんの!こんなに釣って、誰がどうすんのよ!」ごもっともでございます。
でもね、釣師ってのは馬鹿だから釣れりゃ後先考えないで釣れるだけ釣っちゃう訳!
後で「困ったな~」本当 馬鹿ですね~!(でもこんな事は滅多にない訳で・・・)
で、一応目的は達したので、今度は”カツオ”でも釣って遊びましょう!(余裕~!)
 カツオが欲しくて欲しくて釣りに行っても、なかなか釣れない事も多いのですが、いい日に当たると簡単に釣れちゃう!
最初は釣る気で手持ち竿。
すぐに”ククッ!ククッ!”ってまず一本!
一本釣れりゃ~またまた余裕!次は置き竿です。
チョット間がありましたが、またまたヒット!
ツイてる日はアワセなくてもバレません!
難なく釣れます。(こんな日ばかりなら苦労も無いのですが、何でも簡単に事が運ぶのもいい事だとは思われませんよね)
そんなこんなで久しぶりのキハダマグロ!釣れちゃいました!
31、39kgでした!
さっきも云いましたが、釣るまではいいのですが、これからが大変!
当然一家族で食える訳がありません!
そんな理由もありますが、たとえ自分が食えなくてもお世話になった方々やあげたい方々がいるじゃないですか?
世の中うまく出来てると思います!
ウチのお隣さん、昔築地で魚屋さんやってた方で今はご隠居さん。
ウデはまだまだ達者で流石であります!
このくらいのマグロはチャチャいのチャイ!ブロックと柵にしてもらいました。
さぁこれからの目標は?
数でしょうか?大きさでしょうか?
それとも違う釣り?
釣りはロマンだ~!