2017年11月3日 11月1日記念すべき日でありました。
「渡辺真知子デビュー40周年記念コンサート」
行ってきたのですよ!
この日は朝から左の画像の様に良い天気であり気持ちも自然と高ぶってくるのでありました。
場所は有楽町のフォーラムCで平日の6時半開演なので仕事早めに切り上げちゃいました。
彼女のことはデビューした時、ニューミュージック系で出たと思っていたんですが、やたらとテレビに出まくり まるでアイドル歌手の様でありました。それにちょっとガッカリもしたんですがデビュー曲「迷い道」があまりにも素晴らしく、いちいち文句も云ってられずその後出す曲出す曲本当に凄かった!
「かもめが翔んだ日」「ブルー」であります。真知子5月21日家族写真4
彼女が一番輝いていた頃でしょうか?
今回のコンサートの中でも言ってましたが「寝る時間が無くて辛かった」って。
売れたくてデビューしたんだから普通の人が出来ない経験出来ただけ幸せってもんでしょうね。
しかしコンサートに来られる方々、ご年配の方ばっかり!
(自分達の事をさて置いて何なんですが)
今回のコンサートはだいぶ早い内から申し込んだので前から7列目のど真ん中が取れたのですが、それより前の席は同じジャンパーを着て同じタオルを首にかけ
正に「ファンクラブ」って方々が陣取っておられました。
(一般にアナウンスする前にファンクラブに特典あるのは当り前か)
40年前からファンであった僕ですが、デビューから3~4年で彼女のことは忘れてしまって、ここ数年前あたりから「懐かしの歌」的な番組でたま~に見かけるようになり「彼女も歳取ったよな~」なんて思っていた矢先、去年の暮 僕らのアルバムをちょっと覗いたらカミさんの若い頃のがあって、少~しだけ顔が真知子ちゃんと似ていたってことで昔に舞戻ってしまって今回のコンサートで2017年11月1日真知子40周年記念になった訳ですが、さすがに「渡辺真知子」歌のうまさは健在でありました!
しかし当たり前のことですが、声は若い頃に比べだいぶ出なくなっていましたね。でもそこは全然気にはならない事だったのですが、ライヴが終わりCDを買ってもらった人だけに握手会があり、当然に並んでその時を待っておりました。
その辺の様子を一緒に行ったカミさんに写真に撮ってもらおうと思っていたのですが、係員に阻止されてしまいました!
ライヴ中の写真撮影、録音はダメなのは当り前なのですが、終わった後のピンナップくらいは許してくれても・・・
逆恨みだって事はよく分かっているのですが「100年の恋も・・・」自分勝手にすごく身近に感じてたものですから非常に残念でした!
(そちら関係の常識がまったく分かってない為の愚かな考えですよ)
61才のおばちゃんでもやっぱ芸能人なんですね。
でももう結構いい歳だからもう少しゆるくしたっていいと思うんだけど・・・
本当のファンではなかったね。
醒めちゃったかも?