いつも、いつも週末になると何でこうも天気が悪いのでしょうか!
二週間続けて海に出ておりません!(あなたは漁師?)
まっ実際、ヤリイカも下火になっちゃったし、マルイカも始まってはいますが釣り方が以前に比べて全然難しくなっちゃっておじさんの出番ではなくなっちゃいました!
そんな折 石鯛をやってた頃の底物の師匠(今はすっかり磯から足を洗い、船釣りドップリですが)から「今度の土曜日アカムツに行こう!」ってお誘いがあり「たまには一緒に行きましょう!」こんな話はすぐ決まります!
実はこの釣り物初めてなのであります!
そりゃ~長年釣りやってりゃ「アカムツ」って名前は嫌って程聞くし、とにかく「うまい!」
と定評があります!
何年か前、テニスの錦織が「日本に帰ったら”のどぐろ”を食べたい!」って言って一躍脚光を浴びたお魚であります。
14日低気圧がやって来るギリギリのタイミングで行ってきました茨城は波崎!
この港は利根川の河口にあり川の対岸は銚子港であります。
朝4時すぎにはもう出港です!
釣場までは1時間40~50分かかるそうで、キャビンがいっぱいだったので外で寝そべっていましたが、寒くて寒くて仕方ありませんでした!(だいぶ気温上がるだろうとの予想で、あまり着込んでいかなかった為)
「ハイどうぞ~220mです」船長からのアナウンス。
しかし・・・
第一投目から途中でサバにつかまります!
次もその次もまたまたその次も!大サバの猛攻であります!
真サバでそれはそれでまぁ価値はあるのですが、2~3匹あればいい訳で、ばんたびサバじゃ釣りにならないってもんです!
アカムツは底に居るサカナです。底まで着かなきゃ釣りになりません!
船長シビれ切らして場所移動です。
次の場所は今度 潮が速い速い!一度着底して底切ったらまた10mすぐ糸出ちゃいます!
ここも釣りにならないってんでまた移動。
もう何投目になるのでしょうか?相変わらずサバの攻撃にあいながらもたま~に底に着きます。
「ククッククッ」っと竿先が動きます。遂に来たかアカムツ!
何といっても最初の獲物!慎重に慎重に。
「あっ赤いサカナだ!」やった~!・・・でもちょっと違くね~?
底物初めてのサカナは「沖メバル」でありました。
この魚だってかなり美味いんだそうですよ!
その後釣れたのは「ユメカサゴ」これまた味はかなりいいそうです。
僕の釣りは今まで「釣る事が面白い」ものばかりで、その後が食べて
なおイイ!ものばかりなのですが、今回の釣りは「食べたいから釣る」
初めての釣り物!
そんなに簡単に釣れたら誰も苦労しないっちゅ~の!
「ブルブルッブルブルッ!」今までのアタリとは違う海底からのシグナル!
そ~と利き合わせしたら「うんっ、乗った!」途中「クンクン」と引き込みます。
待ちに待った瞬間が来ました!
「おお~アカムツじゃん!」隣の石鯛の師匠が叫びました

「うう~初めて釣らさせて頂きました!」感動であります!
型は小さく28cmほでしたが、大きいのは50cmほどになるそうで、そんなのは次に取っておきましょうね!
終わってみればアカムツ1つ、沖メバル2つ、ユメカサゴ2つ、サバ数えきらずの釣果でありました。
アカムツもっと欲しかったのですが、今日の状況では仕方ありません。
だって師匠・・・サバ以外何も釣れず・・・帰りの車の中・・・僕辛そう!
さぁ~今夜(15日の夜)食べてみましょう。
その味如何によって、次の釣行が決まります!