先週のヤリイカ釣りはイイ想いをさせて頂きまして、馬鹿ですね~
たまの営業的なご祝儀だったのに、ついついダマされて のこのこ行って来ましたよ「ヤリイカ釣り」に!2018年2月18日城ヶ島大橋
基本がなってない釣師の悲しさでしょうか?
珍しく満席の船上(失礼!)に、おまけに二枚潮
「おまつり」多発です!
こうなると「直結」は辛い!「ブランコ」が寄って来ちゃう!
一度絡んだら直結はジ・エンド!
1cm足りともゆるんだらぜ~んぶバレます!
そんな事が何回かあって たまらず不本意ながら「ブランコ」にしましたが
「ブランコ」・・・かったるいね~。
そりゃ~取り込みは多少波があってもバレは少ないんだけど、反面「直結」に比べて反応が1テンポ遅れる!
のんびり出来る一方 イカ角は指に刺さるは「お祭り」すると解くに時間がかかるわで、やっぱり釣れても釣れなくても「直結」が一番かと!

今はこの話題を取り上げなくてはいけませんよね!
羽生1 結果論で云えば やっぱ強かったね羽生君!
だけどあの「ドヤ顔」はどう感じますか?
ファンにはたまらない顔なんでしょうけど、僕にはちょっと・・・
でもそんな小っちゃな感覚ではなく、紛れもない日本の「宝」には違い無い訳で、怪我を押して良くぞここまで回復したもんだと褒めたいと思いますね!
それにつけ宇野昌磨君!惜しかったね~
「タラれば」云ったら始まらないけど、最初の4回転が決まってたら分からなかったかも?
でも最初でコケたからこそ、その後が開き直ってうまく出来たって噂?
宇野1 試合が終わった後のインタビューも見てたけど
やっぱり「現代っ子」いや「宇宙人」的だよね!
彼に比べりゃ~羽生君が何と「大人」に見えることか。
メダルへのこだわりが全然我々とは違う!
メダルへの執着心が古い人間にはちょっと理解出来ません!もう少し貪欲な方が「ぽい」んだけど。
それにつけアスリートはみんな偉いです!
本番にあれだけのパフォーマンスをするわけだから。
これからもまだまだ競技が続く訳ですが、是非とも頑張ってください!

もう眠くて眠くてしょうがなかったのですが、この一瞬を観たくて目を擦りながら・・・
おめでとう!小平奈緒ちゃん!夢が叶ってよかった!凄い!
「大和撫子」偉大なり!  おか~ちゃ~ん!