ようやくこの季節がやって来ました。
相模湾のカツオ・キハダマグロ釣りであります。
この釣り8月1日がエサ(コマセ)での解禁日になっております。
このサカナ達 いつもですと6月下旬頃になると相模湾に入って来て、7月には生きイワシをエサにした釣りや、ルアーで狙い始めます。
ところが今年は7月後半になってもカツオのイイ情報が聞こえてきません。
カツオさえ居れば生餌でバシバシ釣れるのですが・・・
僕もまだ働いてる身、平日は流石に釣りには行けず4日が初陣でありました。
1日、2日とヒドイ釣果だったのですが、3日は早上がりの船もあったらしく急に釣れ出し、期待は膨らむ一方であります。
船は5時半ゆっくりと三崎港を出港し、何やら南西方向に舵を切りました。
どうやら昨日釣れた場所に向かうみたいです。
行く途中 鳥を探しながら進むのですが鳥がまったく見えません!
鳥が居ないって事はイワシも居ないってことで、イワシも居ないって事はカツオも居ないって事で、何だか不安になってきました。
一番上の画像分かりますか?遠くに船団が出来ておりますね~。
この船出港してからすでに2時間ほど経っております。(この釣りではよくある事です)
さぁ船団に合流だ~!
「ハァ~?全然食わね~じゃん!」すでに5~6投してるんですがアタリすらありません。
それでも頑張ってコマセを振ってると遂にブルブルッと来ました!
1年ぶりのカツオの引き!
何回やってもシビレます。あの暴力的な引き!
その後1匹を追加して何とか両目は開きましたが、食いは終始悪かったです。
周りの船も特別釣っている様子もなくボウズの人も多かったと思います。
まだ始まったばかりではありますが、さぁ~これからどうなることやら?