やっと3月(年度末)が終わりましたね!
あたしたちの業種は3月~4月が稼ぎ時!・・・って云っても昔ほど忙しか~ないのですが、普通の月からすればやっぱ忙しい訳で、いつもの様に「週末は釣り!」と云う訳にはいきませんでしたね。
でも世の中 基本景気は良くなっておりません!
それなりに最低ベースくらいは動くのですが、「いや~売った売った~!」なんて言葉が出るハズもなく「まぁ~ちょっと疲れたかな~?」程度でしたね。(まだもう少し稼ぎ時はありますよ)
当然ですが1ヵ月以上土曜休みはありませんでしたが、4月に入って多少時間が出来たので思いきって休んでしまいました!
当然家に居る訳もなく海ですよ海!
何を隠そう、3月安心して仕事が出来たのは「マルイカ・ヤリイカ」が低調だったからなんです!
「人の不幸は蜜の味」人間ってなんと罪深い生き物なのでしょうか!(アンタだけだよそんな風に思ってるのは!)
例年マルイカは2月後半から釣れ出し5月~6月はピークを迎えますが、3月だって釣れる年は
30~40杯は釣れます。(僕は釣れません!)
それがどうした事でしょう 今年は連日ほぼ一桁の釣果しかありません!
「マルイカ釣り」この釣り物自体が始まった頃から自分はやってきましたが、昔は大らかでのんびりした釣りだったんですよね。
それが「ゲーム性がある」とかコマセ等を使わない いわゆる若者に人気の「ルアーフィッシング」の部類に入るからでしょうか、若いお客さんが最近は本当に多い!
2016年4月2日城ヶ島大橋
 この釣りが確立されてすぐの頃は幾多の挫折を繰り返して来まして、そこそこ釣ってはこれましたが、最近はどうにもこうにも太刀打ち出来なくなってきましたね~。
これが時代の移り変わりと申しましょうか、単に自分が歳を取ったからでしょうか?
自分が若い頃 ご年配の釣人も当然いまして「こんなじいさん達にゃ~絶対勝てる!」って思ってやってたけど、大体は勝てても遠く及ばない方々も必ず何の釣りでも居ましたね。
その辺を考えると「まだまだ老けちゃダメでしょ!」って気を持ち続けないといけないんでしょうけど、他の人が釣れてて自分が釣れなかった時などは結構落ち込みますよね!
そりゃ自然相手の遊びですから釣れない時もありますが、そんな時はみんなも釣れない!だから納得できますが、自分だけ釣れないと・・・やっぱ悔しいですよね!(まだ余力あるじゃん!)
2016年4月2日初マルイカ?
ボチボチこんな釣りはやめて「多摩川の鯉釣り」でもやろうかな?
(いくらなんでもそりゃ~ありえない!)
見てよ左の画像 釣り始めて2時間ほど経ってやっと乗った小さなヤリイカ
ですが、結局一日たってもこのまま!要はこれ1杯でジ・エンド!
帰ってから他の船宿の情報をみましたが、どの船のトップも一桁でしたね。
しかしレベルが低いにしても10杯取ったら僕の10倍ですからね~
これはヒドイ「ウデの差」であります!
自分にはもう「のりしろ」が少ない気がします。だから違う釣物に乗換へましょうか?(やめたって
云わないところが何て云うか いやらしいよね)
いつも行ってる常宿の釣船も週末はマルイカをやり出しまして、いつもお客さん少ないのに 増して
「こう釣れないんじゃお客さん来る訳ないって!」嘆いておりました。
さぁこれから先何釣りやりましょうか?