渡辺真知子4 「さかのぼること」って程でもないのですが、2016年の暮れ・・・
我が家の大掃除が始まり僕もカミさんに言われ、普段やらない様な場所の掃除をやっていたのですが、その中にロフトの掃除があって そこには子供たちのむかしの「雛飾り」や「兜・鯉のぼり」学生時代使っていた「アコースティックギター」やらが置いてあり、色々掃除していくうちに昔の”アルバム”があり
ちょっとめくったんですが・・・
ここからが大変!
カミさんとの出会いの頃の写真を見た途端”あの頃”に戻ってしまったのです!
もちろん当時からアルバムを見ていなかった訳ではないのですが、最後に見たのは40歳代の頃?だったかしら。
今見るとその頃の感情とはだいぶ変わって懐かしさだけが際立っちゃうん渡辺真知子2
ですが・・・
ちょっと前に書き込みしましたが、ウチのカミさんデビュー当時の「渡辺真知子」にちょっと顔が似たところあって(僕の一人妄想、他の人にはまったく理解を得れない、目は二つあって鼻も一つで口が若干大き目・・・程度の話なんですけど)好きでした!
しかし当時フォークやったりロックバンドを始めた頃の自分からは「シンガーソングライターはテレビには出ない!」っていう定説を覆してバンバンテレビに出ていたように思いましたが、そんなアイドル的な行動を毛嫌いしてもいたのですが”好み”だけは変えようもなくファーストアルバム”海につれていって”をすぐさま買ってしまった当時を思い出します。
渡辺真知子1 それから後は何だかプッツリ彼女の事は忘れてしまって時々その辺から聞こえてきた”唇よ熱く君を語れ”とか”ホールドミータイト”はあったのですが「何だかその辺の歌謡歌手に成り下がってしまったんだな~」
的な感覚を覚えている程度でありました。
そんな事で最近になりやたらと昔の事が愛おしくなり「渡辺真知子」が復活してしまい、彼女のデビュー当時が無性に知りたくなりユーチューブやファンクラブのブログやらを色々見ているうちに、僕と同じような想いをしたした人のブログにたどり着き、その人の掲載画像をちゃっかりお借りしての今回のブログになった次第です。
渡辺真知子3 その方のブログが素晴らしい!
今載せてる画像はほんの一部なのですが、どうやって当時の画像を手に入れたかっていうと、自分が昔から集めていたわけではなく、オークションで当時の”平凡”や”明星”っていった芸能関係の雑誌を手に入れたそうであります。
知りたくなると とことん追求したくなる性格なんでしょうか?何だかとても共感できますね。
しかし当時のこれらの画像見ますと「完全アイドル歌手」だよね!
”それのどこが悪い!”って聞こえてきそうですが、そんな彼女の出発だったからこそ後の彼女のあまりに早い「売れない時代」がやって来てしまうのですよ!
”むかしがあるから今がある”みんなそんなもん!
未来が見通せたら誰も苦労しないって~の!
手探りの状態で毎日の積み重ねなんだからね。
売れなくなってから彼女、アメリカに行ったそうな 歌をやめて。
しかしある集まりがあった時「ユーは何してる人?」って聞かれて「アイム  シンガー」って答えたら「じゃ~歌って!」って歌ったら大うけして「やっぱり私には歌しかない!」って思い直し・・・
人生・・・深いのですよ!彼女の歌そのものだけど ♪回り道く~ねくね~♪
同じくらいの年代に生まれた僕もカミさんも当時と同じ空気を吸って来たからこそ感じられるものがいっぱいあるんですよ!
歳はみんな平等に取ります!(お互い腹が出ちゃいけないでしょ!)
老いた僕らも真知子ちゃんも まだまだこれから!
頑張れ~真知子!
(最初の白黒の真知子ちゃんの写真の感じが当時のカミさんと似てたのでありました)