夏は甲子園!2015年夏甲子園
日本の風物詩であります。
今年の高校野球も面白かったですね~。
”東海大相模”優勝おめでとうございます!
東海大相模で思い出されるのは何といっても原辰徳君でしょうか。
当時人気ありましたよね 特に女子高生には!
高校生でそんなにモテてはいけません!その後の人生狂ってしまうから。
でもその後もスター街道まっしぐらはアンチ巨人の僕でも敬服しますね。
大会生誕100年の節目の今大会、名勝負色々ありました!
2015年甲子園夏3三沢高校は残念でした!何十年前のあの太田幸司率いる三沢高校は東北の期待の
星でありましたね!
決勝の再試合を含め日本のほとんどの人が三沢を応援していたんじゃないかな?
今ではあまり聞かれない”方言”目いっぱいの三沢の選手達に「おらが国」を感じたんですね。
数年前の駒沢苫小牧と早実の決勝戦も面白かったですが、その観点からすると
マー君、インタビューで関西弁しゃべっていましたよね。
だいぶ昔からそうであったみたいですが、有名私立では当たり前?越境入学。
この時の早実の斎藤投手「ハンカチ王子」なんて云われて人気ありましたが、プロになるには線が細すぎました!結果論で云う訳ではないのですが、マー君にはプロになる要素が当時からあふれ出てました。
男の子、汗とか鼻水とか涙は袖で拭くもんです!ハンカチじゃ女の子だろ!(おやじの感性イヤだね~
ファンに怒られるよ!)
しかし高校生はやっぱり高校生!今年優勝校の小笠原投手とて決勝戦ではみご
2015年甲子園夏4と三塁打を打たれ同点になった時は一瞬心が折れておりましたね!
でもその後立ち直ったのは二枚看板として共に頑張ってきた吉田選手の激励だったとか。
持つべきものは良きライバルとか友なんですね!
人間 気持ちの持ち様で違ってくるんです!
相手の仙台育英の世那投手もそうでした。自分の投球で6点も取られ何とか粘って味方の反撃を待ってましたが、見事同点になった時は泣いてたね!
そうなんです 世の中一人では生きていけないのです!仲間の有難さが身に染みた瞬間でしょうね。
関東一のオコエ選手・・・異次元です!あの足の速さが最大の武器。バッティングはまだまだですが可能性が凄い!
中京大中京の試合でしたっけ、あの時本当は終わっていたのに”さよなら”で勝っちゃった!何とも言えないチームでした。
う~ん やっぱりいいもんですね甲子園!来年もよろしくね!