いや~凄い!
21歳でチャンピオンですか!
こんな逸材はそうそう出るもんじゃないし、それが日本人なんだから超うれしいってもんです!
でも正直云うと、今の時代 時代錯誤や偏見じゃないけど、外国の人の血が混じっていると ちょっと何だかな~?って思っちゃうのはやっぱ古い嫌な日本人気質なんでしょうか?
大相撲なんかはモロそんな構図でありまして、外人対日本人的な。
稀勢の里の引退にどれだけの日本人が落胆したことか!
むかし「高見山」ってハワイ出身の関取が居たんだけど、この人 体がデカくいわゆる巨漢なんだけど、愛嬌があってアメリカ人特有のユーモアがありみんなに愛された!
でも愛されたのは彼が関脇?止まりだったからかな~?って思っております僕的には。
いいところまでは行くんだけど、肝心のところで負けちゃう!
そんな彼の人間性?に日本人は寛容で寛大なのであります!
「白鳳」確かに強い!
実力の世界で横綱まで上り詰め、記録づくめの相撲は素晴らしいの一言ではありますが、一時は外人横綱が3人って日本人として情けないやら悔しいやらで・・・
だからどれ程「稀勢の里」に期待した事か!
あのケガがね・・・   お疲れ様でした!
だから「なおみちゃん」は凄いんだけど「錦織くん」の敗退に涙しております!
 僕は純粋の日本人でなんですが(そのくくりがいけない!)釣りの世界ではここのところやられっぱなし状態でありまして、本当に悔しい思いをしておりましたが、先週は何とか「太刀魚」さんに助けてもらい、少しはうっぷんも晴らせましたが、相変わらず烏賊さんは「ご機嫌斜め」状態なので”確実”な(自然相手の釣りに確実なんて言葉はありません!)「太刀魚釣り」それも太刀魚釣りの後アジ釣りもやっちゃう”リレー釣り”に行ってきました。(欲張り!)
本日も久里浜からの出船でありましたが、港に着いたら「結構風強いじゃん!」船長曰く「ナライが14メートル吹いてるよ!」「どへっ!」
いくらタチは”シャクリ”が命といっても、こう船が上下左右に動いたんじゃ「合わせ」のタイミングが気持~ちズレます!
それでも2投目から”ズンッ!”って期待を裏切りませんでしたね!
それからは連釣で結構いいペース!それも先週よりも「型」がいいじゃん!
でも、ここ「猿島沖」の釣場は「観音崎」と同じで「難易度高め」の釣場であります!
「モーニングタイム」的に朝の一時は結構楽チンに掛けられるんですが、時間が経つにつれ どこかのカミさんみたいに”気難しく”なるんです! ”難しい!”
シャクれどシャクれど掛けられません!
飽きずにやってりゃその内忘れた頃”ズンッ!”
数こそ「夏場」みたいに伸びませんが、釣れりゃ大型ばかりで普通サイズがたま~に釣れる程度。
どうです、上の画像 カミさんの御手ではありますが”5本”でありますよ!
こんなのが7割方!
釣り味最高!
食べても”超極上”!(脂の乗りが絶妙!)メチャ旨いのであります!
止められません!