23日の土曜日 今回は仕立船でのマルイカ釣りです。
混み合っての乗合い船に比べ何と自由に気が楽に出来る事か。
船こそ小さくボロい(遊ばしていただいて失礼な!ゴメンなさい)ですが仲間だけでやれるというのが本当にイイのです。
金曜日の夜からの雨も朝の3時頃には上がるという天気予報がバッチリあたり(天気予報もたまには当たるんだね。ここのところの予報は下駄投げた方が余程当たる様な感じでしたからね)4時半頃現地(今回は三浦の間口という剣崎の港からです)に着いた時は
すっかり雨も上がり風もなく最高の釣り日和になりました。31138697.jpg
毘沙門港の上にある巨大風車もまったく動いておりません。これがグルグル回る日はやっぱり海が悪いんですよね。
しかしイイのはここまで。 どうして何時もと同じパターンになってしまうのでしょうか?釣り始めてから1時間たってもアタリすら無いんです。いっしょにやっている仲間は
それでもポツポツながら釣っています。 と云う事はイカが居ないんじゃなくて要は腕が悪いヘタなんですね。
何回もやっているのにこのテイタラク 笑ってくださいよ!
自分ながら情けなくなってきますよ。
まあこの日は確かに全般的に(他の船も)悪かったようですが。(後からの情報で)
今日初めてマルイカをやったという仲間(この間初めて
三宅島で5kg以上の石鯛を釣った彼ですが)だって結果9杯釣ったからね。 そしてまたまたいっしょに行った石鯛の師匠はマルイカはそんなにやらないのに、この渋い中27杯を釣り上げ竿頭でございました。(さすがですね)
僕ですが・・・お恥ずかしい20杯で次点でした。
いつも云うようにマルイカって本当に難しいんですよ!でももういい加減にうまくなったら!
って思っているでしょうね みんなも自分も。トホホ・・・センスがないのかな~ 今まで色々
な釣りやってきたけど大体他の人よりは釣ってきたんだけどな~。たとえ最初ダメでも2~3回つめて行って他の人よりは釣るようになってたんだけど、マルイカはどうもこうも2,3回の釣行ではだめで、それどころか最近は余計迷ってしまい泥沼化してしております。
3f74514f.jpgま~中には1~2回の釣行で竿頭を取っちゃうなんて人も稀に
いますけど、ほとんどの人は数回の釣行ではマルイカはなかなか数は釣れないのですよ。
どの船宿でも竿頭をいつも取る人は大体2~3人決まってるんだけど、要するに常連さんがほとんどだよね。つまりは常連=いつも行ってる人って事で僕はまだまだ常連の域まで達していない その辺の一般人ってことで・・・
自分で自分を慰めてますよ・・・何か空しくなってきましたね。
左の画像の石鯛の達人もマルイカは若干手こずっている模様。
手前まつりしてこの仕掛はもうダメですね。
本当まだまだ修行が足りないってことでこれから益々頑張って
通わないと駄目だよね!
凡人の僕はひたすら努力あるのみって事で来週も頑張りましょう!
「いい加減あきらめたら」 うん?どこからか聞こえたような・・・