本当は本日、仲間6人と仕立てでキハダマグロをやる予定でありました。
しかし昨日の7時の天気予報の後連絡があり「明日は風が吹くから中止」との事。
天気図みても 「吹くには吹くけど午後からかな~?」とは僕自身の予想。
仕立てがダメなら近場のワラサなら何とかなるかも・・・。
(本当にアンタも好きね~)
剣崎沖に向け船は出港しましたが、無風状態で海はまったくの凪!
「今日出港しなくていつ出ろって~の!」そんな海の状態でした。
77b350ad.jpg釣場に着くや否や怒涛の食いっぷり!
僕と両隣以外の話。
「何が悪いんだろう?」釣ってる人はもう3本目!
こちらはアタリすらありません。
まぁ~いっぱい釣ったって家には1本しか持って帰れませんので(カミさんにきつく言われております)イイって云えばイイんですが、やはり釣りに来ている訳なので釣らなくてはいけません!
30分も過ぎたでしょうか?誘っていた途中待望のアタリ!あの独特の引きは今日も
顕在。「今日は何か手が合っていない感じ」
この微妙な感覚ってあるんですよ。
この状況を何とか打破しなくてはいけません!手を替え品を替え色々やるうちに
ポツポツと本数を増やすことが出来ましたが、先週の様にはいきません。
9fbbfed0.jpgそんな折9時過ぎだったでしょうか?ナライ(北東の風)が
吹き出し 海が悪くなり出してきました!
ワラサは凪より多少波っ気があり、曇り空ぐらいが食いが
いいのです。
仕立ての船長の決断は正しかった!
風は増し波も大きくなってきております。
今日は申込みが遅かったので”胴の間”しか空いてなく、そこでやっていたのですが、
こんな日は一番揺れなくて良かったです(揺れない事のみ良いだけで、食いはイマイチでしょうか?)。
結果6本!バラシ4本!竿頭は8本でありました。
やはりカツオ・キメジやると、引きの違いに何だか拍子抜けしちゃうかも?
まっ、相手が悪すぎってことで・・・。