この釣りはやっぱり魅力があります。
何の釣り?
知ってますよね、”カツオ・キハダ釣り”です。
むかしマンガ雑誌で”土佐の一本釣り”なんて~のがありましたが、マンガになる位ですからそりゃ~熱いんです!
今シーズン8月中旬から始まったこの釣り、最初の頃はえらく調子が良くバンタビ釣る事が出来ましたが、10月頃から絶不調になり毎回ボウズが続きました。
261a73a0.jpgそれが終盤になり「いつまで相模湾にカツオ・キハダ居てくれるのかな~?」なんてささやかれだした矢先 またまたカツオが爆釣です!
今の僕にとって取りあえず何でもいい、サカナを釣って
釣癖をつける事が肝心だと悟り、カツオ釣りに専念する事にしました。
大物のキハダマグロは「その内 運がよけりゃ釣れるだろう」程度に考えを切り替えておきました。
何でもそう?特に釣りの世界では何て云うか「何がなんでも釣ってやる!」この気持ちは重要なんですが、何でしょうか オーラが出てしまってサカナが食いついてくれません。あくまで自然体が一番か!
a5bbca91.jpg「食った~!」久しぶりのアタリです。
しかし釣上げてくる途中”ググ~”「あ~ぁ!鮫に食われちゃった!
右の画像がそうですが、これでも7kgぐらいはあったかも?
出刃包丁を使っても背骨はやたらには切れません。
それをいとも簡単にバックリ食ってっちゃいました!鮫野郎
”僕には運も尽きも無くなってしまったんですか?”
その後キハダの30kgクラスも食いまいたが、ラインブレイクでこれまた
バラし!最後には何とか姿が見えるところまで浮かしたら推定100kgを
超えるやはり”サメ”でございました。
ダメな時は本当に何をやってもダメな訳で寝ていた方が賢明です!
結果 キメジ2本、カツオ2本でした。
ムズイよ~!