先週は幾ら学生時代の仲間との忘年会だからと云って、ちょっと飲み過ぎじゃ~ありませんか!
何たって次の日 一日かったるいったらありゃしない!
(歳を考えなさいよ!歳を)
 若い頃は朝方まで飲んでそのまま仕事も出来たんもんですが、さすがに今はそんな芸当は出来るはずもなく、ちょっとでも度を過ぎれば次の日はドボン!

 本日は今年も残り少なくなってきましたので珍しく家に居て暮れの大掃除を先行して少しずつやっておりました!(エライでしょ!凄いでしょ!考えられないでしょ!)
(悪い釣り仲間からお誘いがあって23日に石花海(せのうみ)にヤリイカに行くことになっていたのでその前カミさんにゴリゴリです!)
 てな事で本日も釣りの話は無くこの間の話の続きになってしまいますが、高倉健さんにまつわる と云うか「幸福の黄色いハンカチ」が少し前やってましてその時「あ~懐かしいな~!」って思い出した事をちょっと・・・
 そもそもあの映画 もともとアメリカの実際にあった話だったと思いますが、前にも話しましたか 昔
深夜放送で”諸星あきら”っていったかしら 彼が当時流行っていた”ブーン”?が歌っていた「黄色い
リボン」の音楽をバックに” 刑期を終えた青年がバスに乗って彼女のもとに行くんですが、まだボクを待っててくれたのなら木に黄色のリボンを結んでおいてくれ!無ければボクは何も云わず通り過ぎていくから・・・と。居合わせたバスの乗客がとても見ることが出来ない彼の代わりに「オイ、あれを見ろ黄色いリボンだ!」”
 当時だいぶ感動を覚えた記憶があります。
そしてその後あの「幸福の黄色いハンカチ」です。実際の話、あの映画は当時は観ておりませんで
ずーと後にテレビで一回だけ観ただけでありました。
それがこの間 追悼で観て「懐かしいな~!」正直思いました!
 主演の高倉健さんよりも武田鉄矢と桃井かおりさん達です!
武田鉄矢は映画初出演ということで一生懸命さがヒシと出ていて良かったし、桃井かおりは本当に
むかしから男を馬鹿にしたような 世間を斜めに見た感じで当時随分人気がありましたよね。
でもさすがに山田洋次監督!今更観ると「男はつらいよ」もそうだけど いいね~!
 菅原文太さんもそうだけど またまた「昭和」が遠くなってしまいましたね!