03-3787-6511 午前9時~午後7時(月~金)
午前10時~午後7時(土)

平山社長のブログ【釣りばかり日誌】

釣りなんて大っ嫌い!

投稿日: | 最終更新日時: | カテゴリ:日記・エッセイ・コラム

いったい僕は何年釣りをやってきたのでしょうか?
釣りではないのですが、”さかな”を感じたのはそれはそれは遠い昔の思い出にあります。
親父に川に連れて行ってもらったメダカ捕りでありますが、自転車の前に補助席を付けてそこに僕であります。後ろの荷台には兄貴が座っていたと覚えております。
昆虫を捕る網みたいのを兄貴が大事にかかえて小さなバケツを膝の上に{早く漕いで~!」なんて叫んでいたんだろうな~。
覚えてはおりませんが、きっとその時はおふくろのつくってくれた”おにぎり”があったはず!
今だからこそ思いますが あんな美味しい食べ物は他にはありませんよね。
いつでも釣りは好きでありました!
学生時代はフォークにロックが忙しかったですが、商売やり出してからは”石鯛釣り
でしたね~。
e287967b.jpg三浦半島から始まり、伊豆半島の城ヶ崎海岸、それに飽きたらず先端の石廊崎近辺、「この辺じゃ限度がある」ってんで今度は伊豆七島!
伊豆大島を皮切りに神津島はだいぶ通いましたね。
当時は石鯛をメインにはしてましたが、よりデカイのを釣りたいってんで”モロコ”を狙ってよく行ったもんです。
神津の磯は足元からドン深のところが多くモロコ釣りも実績バツグンの所が随所にあるんです。
その次は三宅島であります。
三宅島本島の沖10kmに大野原群島ー通称”三本”という岩礁があり、ここが関東屈指の石鯛場であり、磯釣り師なら一度は行きたい「あこがれの地」なのでありました。
こここそ本当の「ホームグランド」でした。
行き出した頃いつも天気が思わしくなく「三本って10kmの距離どころじゃないね」って云うほどなかなか行くことが出来ない”聖地”でありました。
三宅にはしょっちゅう行くのに荷物をいちいち持っていくことが合理的でない!と云うことで専用の荷物用棚を常宿に置かしていただき
それこそ手ぶらで通ったもんでした。
6dcadecb.jpg しかし目標の10kgの石鯛(口白)はとうとう釣る事は
出来ず7.3kgが最高記録でした。
でも石鯛って奴は”幻のサカナ”って言われる様に釣るのが非常に難しく(運の問題?)何十人も石鯛師を見てきましたが、”型物”を釣る人は限られており、釣る人は
何枚も釣るのですが、釣れない人はとことん釣れないのであります。
僕も最高はさっきも云ったように7.3kgでしたが、モロコは磯釣りで36kgの記録があります!(結構いい線いってる大きさなんですよ)

本日の話は何が言いたいの?
毎週毎週よくも通ってる「マルイカ釣り」であります。
「最近始めた」っていう人に負けてしまう有り様!
年々下手になってきております!イカも進化しているご様子。
あたしゃ進化についていけません!若い感性が必要なのでは?
最近惰性でやってる感があるかも?初心に帰らなければいけませんね!
趣味も仕事も同じです。
人生勉強です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

平山社長のブログ【釣りばかり日誌】
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の投稿

最近のコメント

最近のコメント

カテゴリ

年別アーカイブ