03-3787-6511 午前9時~午後7時(月~金)
午前10時~午後7時(土)

平山社長のブログ【釣りばかり日誌】

やっと白子が食べられる!

投稿日: | 最終更新日時: | カテゴリ:日記・エッセイ・コラム

 先々週でしたっけ?
今のこの時期限定の「ショウサイフグの白子」が食べたくて釣行しましたがあえなく玉砕!
まだ少し早かったか?
先週は台風崩れの低気圧で”底荒れ”が懸念されたんで行きませんでしたが(ふぐ釣りって釣場はあまり深くないのです せいぜい深くても30数メートルで、10メートル前後だってあるくらいなので、シケたりすると奴ら砂に潜っちゃって釣れません!)情報によると先週中頃から数も少しずつ上がりだし”白子”もかなりの確率で入り出したってんで「行くのはいつ?」「今でしょ!」
絶対に”だよね!”
天気も「関東地方が梅雨入りしました!」って6月8日でしたっけ?
この間も書きましたが、今までの梅雨でしたらシトシト雨はあれど、土砂降り雨は無い訳で
10日の土曜日は”梅雨の中休み”って感じで海もベタ凪!
 この条件で釣れなかったらどんだけヘボ!
・・・ヘボでした。
左の画像が本日の釣果・・・(10匹しか釣れませんでした!)
それも小から中型ばっかりです!
まぁ負惜しみではないんですが、大型のふぐには滅多に「男の子」はいません!
そう「白子」は”男子”にしかない訳で”女子”は「白子」に似ている?「卵巣」がありますが、それはほんの少量でも食べたひにゃ即天国行きです!
ですから今回何とか釣れた10匹はどちら様も小中型でしたから、これは期待しない訳にはいきません!
しかし思うに動物の世界は人間も含めて”雌”の方が”生きる”と云うか子孫を残す意味で”生む”と云う事において”雄”は単純にその手助けをするだけの生き物って事なんでしょうかね?
その辺の話は今度またやるにしても、右画像見てください!
何と5割の確率で「白子」が入っておりました!(涙がちょちょぎれます!)
釣りが終わって港に帰って来てから船長と女将さんが釣ったフグを捌いてくれるのですが、捌いてみないと「白子」が入っているかどうかは分かりません!
ですので沢山釣った人はそりゃ確率は多少低くなっても圧倒的な数があるので、ゼロって事はなく余裕でしょうけど、10匹だと不安は大きかったですね~!
「はい、平山さんこれね~」捌いていただいたフグの身の袋のもう一つの袋にあった「白子」を見た時の感動は皆さん”分かんね~だろうな~!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

平山社長のブログ【釣りばかり日誌】
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

最近のコメント

最近のコメント

カテゴリ

年別アーカイブ

メールでお問合せ LINEでお問合せ