03-3787-6511 午前9時~午後7時(月~金)
午前10時~午後7時(土)

平山社長のブログ【釣りばかり日誌】

基準が分かりましぇ~ん!

投稿日: | 最終更新日時: | カテゴリ:日記・エッセイ・コラム

 何があっても死んじゃいけません!
他人は当然 他人事の様に云うけど、ご本人様はそんな常識というか当り前な事は百も承知!
でもどうしようもなかったから自ら命を絶つ・・・
可哀想過ぎます!
24~25倍の難関を乗り越えようやく入学したのに待っていたのは”伝統”の名を借りたイジメ!(本当の事は分かりませんが)
僕はあの”宝塚学園”の校風は全然悪いとは思いません!
だって昔からあんな感じでやって来たんでしょ。昔からやってきたから全ていいって云っている訳ではないんですが、極論を云えば環境に合ってなかったんだと思います!
イジメるというか行き過ぎは絶対あったとは思いますが、亡くなった方は抱え込み過ぎたのかな?(これ以上色々語ると難しい世の中だからね・・・)
右の”星飛雄馬”は少年の時から「大リーグ養成ギブス」で父”星一徹”に鍛えられていた?決して体が大きくない飛雄馬が大成するには人並はずれた試練を課さないといけないってんで、ご飯食べる時だってバネの力で締つけ、なかなか口まで運べないのを見て「あぁ凄いな~俺も頑張らなくっちゃ~!」なんて思ったのは同世代の方々は思ってたんじゃないかな~?
でも今考えたら一徹さん!「少年虐待じゃない?」いくら子を想う親にしてもやり過ぎだって!(でも憧れたな~!)
「青春とはなんだ!」なんて しょっちゅう殴ってた感ありますけどね・・・ 当時はまったく違和感なかったからそんな時代だったんだね。
いつぞやから運動部もスパルタから「暴力はいけません!」ってなってきて、それは大賛成なんだけど、制度だけ独り歩きして本当の人と人との繋がりが分かっていない世の中と云うか、指導者がなんと多い事か!
自己の要求だけ云って、そぐわなければ働きもしない若者達よ、もうちょっと一歩前に進んでみましょうよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

平山社長のブログ【釣りばかり日誌】
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の投稿

最近のコメント

最近のコメント

カテゴリ

年別アーカイブ

メールでお問合せ LINEでお問合せ